【埼玉版】外壁塗装の失敗しない業者選び

TOP > 外壁塗装業者を選ぶポイント > 外壁塗装を行う3つのタイミング

外壁塗装を行う3つのタイミング

新規で建てた住宅も、何年も使っているうちに、それぞれの部分において劣化が始まって来ます。そのことを承知して、住宅を建てた時から、リフォーム費を蓄えている人が多いはずです。用意し忘れてしまっている人は、リフォームローンなどの利用が必要になる場合も出て来ると知っておきましょう。
住宅の外側は、日々風雨に晒され、直射日光は浴びることからそれぞれの資材は、耐え抜いていると言うのが本音かも知れません。また住宅内部においては、使用頻度の多い場所から傷みが発生する事が多く、特に水回りであるキッチンやトイレ、バスルームなどからリフォームが始まることが多くなっています。

住宅でリフォームが多いのが、この水回り関係ですが、最近では老後の心配からも、バリアフリー対策の住宅にする家庭も多くなって来ています。玄関、また室内において敷居等における段差などを解消することは、足が万が一不安になった時でも車椅子対応にしておくことで、安心して生活を送ることが出来ることになります。
また、トイレも広くする必要が出て来たり、バスルームの広さ、高さを考える必要も出て来ます。住宅のそれぞれの部分には、手すりを備えることで、立つ時に対応もしておく家庭が増えています。リフォームをする場合、どうしても生活に密接する室内を中心に行なわれることが多いのですが、外壁・屋根と言った部分も非常に大事な部分となっており、リフォームを忘れてはいけません。

外壁塗装とか屋根塗装に到っては、時期も大事なことになります。
冬の巌しい時期に向けて塗装を行なうのではなく、春先の暖かさを感じるようになってからの実施がお勧めになります。勿論、仕事をする人も巌しい寒さの中より、暖かい陽射しの中で仕事をしたいのが本音です。そのため外壁塗装には、3つのタイミングがあるとされます。
そのひとつは、ひび割れ、剥がれ、膨らみが目立つようになった時には、早急に行なうようにします。放っておくと、雨水が住宅内部に浸み込んだり、雨漏り・シロアリの原因にもなりかねません。そして鉄部の錆び発生です。塗料の保護がなくなることで、錆びが発生してしまいます。放っておくことで、穴が開く様な事態にもなってしまい、これも雨漏りの要因となってしまいます。
最後の3つ目ですが、陽射しが強いことで、変色をしてしまった時です。見た目にも悪く、せっかくの住宅がみすぼらしく見えてしまいます。塗料の種類によって、耐用年数が違います。
10年、15年と言ったものが利用されているはずです。早めに、行なうことが住宅を長持ちさせることに繋がります。

MENU

ページの上部へ戻る